Search


This site was

« 2012年9月 | Home | 2013年1月 »

2012年10月21日

日系チェコ人が大統領選に出馬表明だそうで。

 チェコウォッチャーではありませんが、ネットのニュースサイトを徘徊していたら、日系チェコ人の人が今度の大統領選に出馬するという記事に目が止まりました。
 

チェコ大統領選に日系人 オカムラ氏が出馬表明

 19~20日投票のチェコ上院選挙で同国の実業家トミオ・オカムラ氏(40)の当選が決まり、オカムラ氏は20日、来年1月に行われるチェコ大統領選挙への出馬を正式表明した。オカムラ氏は日本人の父とチェコ人の母を持ち、東京都出身。

 オカムラ氏は上院議員に当選した理由について、地元メディアに「人々が大掛かりな変革を求めていることの表れだ」と述べた。世論調査でオカムラ氏は大統領選の立候補予定者のうち、支持率で3位につけている。

 チェコのメディアによると、オカムラ氏は1990年代に東京からチェコの首都プラハに移った。日本食材店などの事業を展開する傍ら、チェコのテレビにも出演し、現地での知名度は高い。(共同)

[ 2012年10月21日 21:20 ]


 チェコにそんな有名な人がいるなんて、つゆぞ知らなかったので無性に知りたくなって、あれこれ検索してみました。Youtubeに向こうのTVショーに出演している映像があったのですが、意外に若い感じ。プロレスラーの誰かに似ているような???
 90年代まで東京にいたようなので、高校生か大学生くらいの年まで日本にいたことになるので、きっと日本語もペラペラなのでしょう。Wiki(チェコ語版)によると日本名は岡村富夫さんなんだそうです。
 支持率第3位ってことなんだそうで、大統領に当選する確率は低そうですが、頑張ってほしいものです。

2012年10月 6日

Amazonプライム会員と大東京トイボックス

 今日は製作に関係のない話を二つ。
 
 Amazonでよくお買い物をするのですが、僕は一般会員なので品物が届くまで注文してからたいていは2、3日かかります。プライム会員だと注文当日とか翌日に来るらしいのでうらやましく思っていたのですが、3,900円の年会費を払うのも馬鹿馬鹿しいので、僕は敬遠していました。
 何気ない妻との会話で「子供の運動会用にこれをAmazonで買おうと思うんだけどどう思う?」と聞かれ、「明後日の運動会にまず間に合うわけ無いだろ」と僕。「今注文したら明日には届くんだって!」と妻。
 もしやと思って確認してみると、妻のAmzonのアカウントはプライム会員。
 自分の知らない間に入っていたようです。それも3年間も無意識に継続してたようで。ネットで調べてみると、無料期間サービスに釣られて加入すると、無料期間終了後、特に本人の承諾を取ることなくそのまま本会員になるそうです。妻はいわゆるこのパターン。
 頻繁にお買い物する人とか、お金持ちの人はいいけどねぇ。
 さすがにそれを知って自動更新は止めたみたいですが、せっかく支払ってしまった年会費なので、残り期間は僕の注文も妻のアカウントで注文してしまおう。
 
 

 昨日、仕事の帰りに無性に漫画が読みたくなって、久しぶりに漫画喫茶に行ってきました。
 何を読もうかな、と書棚を眺めていたら「東京トイボックス」と「大東京トイボックス」を発見。
 いわゆるゲームクリエーターを主人公にしたゲーム制作の中小企業を題材にした漫画で、週間モーニングに掲載されていた頃に、面白い切り口だなと思って読んでいました。ただモーニング紙上では割と早く完結してしまい(東京トイボックス)、その後の続編(大東京トイボックス)がマイナー?な漫画雑誌で連載しているというのは知っていたのですが、お目にかかる機会も無く、続きをぜひ読みたいなぁとずっと思ったまま月日が過ぎてしまいました。
 そんなこともあって昨夜は時間を忘れ最新刊まで読みきりましたよ。
 ゲーム業界ってどんなところかよく知りませんが、モノ作りに賭ける彼らの熱い気持ちは分からんでもないわけで、とても面白かったです。次の単行本の発売が楽しみ。とりあえずAmazonで大人買いしようかな。
 
 就職活動の時、ゲーム業界も受けようかと思ったけど、浮き沈みが激しそうな業界だからやめておこうと(そもそも自分の才能の無さとか考えてなかった)別の業界で働く道を選びましたが、ああいった面白い物を作りたいという志で働く人達をうらやましく思います。
 
 子供の頃、大人になったらなりたい職業はたくさんあって、それは年齢とともに変わっていきましたが、ある年齢の頃になりたかった職業のひとつが「ゲームクリエーター」だった私。
 今、こうしてゲームMODを作る趣味を持ってて、レベル差はかなり違うけど、何となく夢の一部だけ味わっています。進みは遅いけど、細々と続けてられる理由も多分そんなとこです。