Search


Recent Comments

This site was

« 2010年9月 | Home | 2010年11月 »

2010年10月25日

Drupal

 共同で利用するサイトをひとつ立ち上げる必要がでてきたので、一昨日からDrupalっていうCMSを導入してみているところです。
 MovableTypeとかXoops CubeとかJoomla!とか、日本人にもとっつきやすいCMSはいろいろあると思うのですが、ちょうど会社で一緒に仕事をしている技術者がやたらとDrupalをお客さんに奨めてたことを思い出したので、これを選んでみました。彼が言うには「Drupalはホワイトハウスで使われている、NASAでもだ」だそうで、何だか強そうな。
 
 とりあえず2晩掛かって、インストールと簡単にサイトの骨格までができました。
 文章を書いたり、純正のテンプレートからそれっぽいWebデザインにしたりとか、やることは多いですが、キハ40制作の傍らに進めていきます。

2010年10月13日

ガチャン

 今夜もキハ40のモデリングの続き。
 なんだかんだ言ってもモデリング作業は楽しいです。
 
 うちの息子は連結器のことをいつも「ガチャン」と呼んでます。
 たぶん車両同士が接続する時に「ガチャン」という音がするからだと思います。連結器だと教えてあげるんですが、それでも「ガチャン」と呼ぶのです。そして彼にとって鉄道車両の中で最も興味を持つパーツがその「ガチャン」なのです。
 そんなわけで彼は僕が連結器のモデリングをするのをとても楽しみにしていました。「ガチャンは後で作るの?」「早くガチャンが見たいねぇ」といった感じで。
 そのリクエストに答えてあげても良かったのですが、既に寝てしまってるし、Yagさんが以前に作った連結器があったので、それを頂いて移植することにしました。
 
 そして今日は下から出ている3本のホースを作りました。
 最初は、立方体のパイプからナイフで切って曲げやら傾けの機能を使って作ってたのですが、自然な形状になかなかならない。きっとなんかいいプラグインがあるんじゃないか、と思って検索したら
MASH Brainさんのサイトに線からパイプを作りだす、まさにうってつけのプラグインがありました。
 そのプラグインを使うと、あっさりと自然な形状のパイプが生成されました。
 毎度思いますが、プラグインって本当にすばらしい。

2010年10月11日

キハ40を作るよ。


 プラットフォームとか跨線橋とかまだ作ってませんが、駅舎をあらかた作ったところで飽きてきました。雰囲気が高まれば、きっと続きが楽しくなるだろうと思うので、鉄道車両を作ってみることにします。
 
 鉄道に全くと言っていいほど知識も関心もない自分なので、今回作る車両は自分の写真倉庫の中から、最も印象に残っている車両を選ぶことにしました。
 調べるとキハ40という車両で、昭和は国鉄時代からの代表列車のようです。マップ作りの一環、という意味では良いチョイスなののかな。
 この過程で、車輪を動かす部分を台車と呼ぶらしいことは今回はじめて知ったのですが、それがこのキハ40だとおおむね寒冷地用と普通の気候用のと2種類あるそうです。両方作るのはたるいので、モデリングしやすそうに見えた普通の気候用の方で作っています。
 
 図面や写真に合わせて、それっぽくモデリングしてる途中ですが、一日ちょっとで認識できる程度の外観になってきました。鉄道車両はだいたいシンメトリーな形状だし、曲線部分が少ないので作りやすいですね。
 息子が電車好きなので、僕のモデリング風景を見ながら興味深げに話しかけてくるので、ちょっとした家族コミュニケーションになって良いです。外で一緒に遊んできなよ、と妻に叱られそうですが。

2010年10月10日

駅舎の外観テクスチャも終わり


 駅舎の外観のテクスチャも終わりました。
 かなりやっつけです。
 兵士視点で間近で見ると、きっとまたがっくり来るんだろうなぁ。
 
 この後の続きは、駅名の看板とか、時計台とか、ポスターとか、作ってて楽しいと思えるもの用意です。この作業はとても好き。

2010年10月 3日

駅舎の内側は終わり


 駅舎の内側のテクスチャ作りが終わったような気がします。
 とにかく何らかのテクスチャがマッピングされているのは間違いなさそうです。
 
 
 
 なんて書いてたら、天井のテクスチャを作ってないことに気が付きました。